安倍晋三元首相殺害、手紙で示唆か 容疑者、事件前に送る 旧統一教会への恨み記載:東京新聞 TOKYO Web


山上徹也容疑者が送ったとみられる安倍元首相の殺害を示唆する手紙の写し(画像の一部を加工しています)

 安倍晋三元首相の銃撃事件で、殺人容疑で送検された無職山上徹也容疑者(41)が事件前、安倍元首相の殺害を示唆する手紙を岡山市内から中国地方に住む男性に送っていたとみられることが17日、分かった。男性が取材に明らかにした。奈良県警も手紙の存在を把握しているとみられ、確認を進めるもようだ。

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)への強い恨みがつづられ、安倍元首相については「苦々しくは思っていましたが、本来の敵ではない」「あくまでも現実世界で最も影響力のある統一教会シンパの一人に過ぎません」と記載されていた。(共同) 



同様の記事

最も人気のある