元F1王者ナイジェル・マンセル 「年配ドライバーは今の事故を見ると怯んでしまう」 【 F1-Gate .com 】

1992年のF1ワールドチャンピオンであるナイジェル・マンセルは、結果として一部のサーキットやコーナーが「殺菌された」と感じてはいるもんお、F1における現在の安全基準を歓迎している。

ナイジェル・マンセルのF1キャリアは1980年に始まった。当時は重傷や死亡事故が今よりも一般的だった。マンセル自身は、1982年と1987年に事故で負傷してレース欠場を余儀なくされている。

近年、ドライバーの安全がますます差し迫った問題になっているため、車のスピードを落とすために多くのコーナーが変更され、大量のターマックランオフも設置されている。

ナイジェル・マンセルは、負傷のリスクが低いにもかかわらず、そういった変更に関しては嘆き悲しんでいる。

「世界中のすべてのサーキットでやり尽くされて、衝撃波は殺菌された」は、ナイジェル・マンセルはエイドリアン・フラックスとのインタビューで語った.

「そのため、高速で危険なコーナーはすべて取り除かれた。それらは消滅した。これは非常に残念なことだ。現在、多くの高速コーナーには、これらの巨大なランオフエリアがあり、縁石は非常に小さい。ミスをしてサーキットを外れても真っ直ぐに戻ってこれる」

「何年も前に間違いを犯したとき、我々はペナルティを支払った。アームコやコンクリートの壁などにぶつかっていた」

「皆さんは人々の死について語るが、多くの人々がスポーツを離れることを余儀なくされる負傷を追っていた。足の骨折、腕の骨折、背中の骨折など。彼らは残りの人生でF1カーを物理的に運転することができなかった」

1994年のサンマリノGPでは、アイルトン・セナとローランド・ラッツェンバーガーが命を落とし、1986年のエリオ・デ・アンジェリス以来、F1カーで死亡した最初のドライバーとなった。また、ナイジェル・マンセルは、その週末の後に実施されたF1安全への変更についても言及した。

「1994年、恐ろしい2件の死亡事故から約1か月後、F1全体の見方はこれまで以上に変わった」とナイジェル・マンセルは語った。

「ドライバーの視点から見ると、クリスマスのオーナメントだ。彼らは自分を超人的だと感じている。現在、彼らは、車で最も凶悪な事故に遭い、そこから逃げることができる。それは驚くべきことだ」

「年配のドライバーはそれを見て『ひどいことになるだろう』と怯むが、ドライバーはコックピットから飛び降りてピットに戻るだけで、彼らは元気だ。これは素晴らしいことだ」

ナイジェル・マンセルの F1 キャリアの大部分は、パワーステアリングやセミオートマチックギアボックスなどのドライバーエイドのない時代に行われた。ナンセルは、現在のF1カーは、以前ほどドライバーにフィジカルな課題を課していないと指摘する。

「ドライバーはいくつかのレースの終わりに車から降りても、まるで理髪店から出てきたばかりのようだ」とナイジェル・マンセルは語った。

「F1カーで設計された最大のものはパワーステアリングであるだ。汗をかく必要はない。我々は非常に強力な腕を持ち、コーナーで車をキャッチする必要があった。F1マシンにしがみつくだけの体力がなければ、コースアウトして事故に遭っていた。今では指1本で運転できる」

「それは、実際にはフィジカルを持たない多くのドライバーにスポーツを開放した。何年も前は強くなければならなかったし、少し野蛮でなければならなかった。もしそうなら、レース中にいくらかスピードを取り戻すことができた。特にグラウンドエフェクトカーでは、「もう運転できない、もう息ができない」など、物理的に打ちのめされた」

「現在、シートとテクノロジーにより、30~50人のエンジニアが車のバランスを取り、ドライバーが車のバランスを保つように指示している」

「我々にはエンジニア、デザイナー、ヘッドアナリストが1人いたが、それを自分たちで行っていた。信じられないほど変化しており、今日のスポーツの状況は驚くべきものだ」

ナイジェル・マンセル F1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1マシン

同様の記事

最も人気のある