昨夏の香川大会で優勝し、マウンドに集まる英明の選手たち=2023年7月26日、レクザムスタジアム

 (前年優勝校 英明 前年参加チーム数38)

 春の県大会、四国大会はいずれも高松商と尽誠学園の決勝となり、いずれも高松商が優勝。春の四国制覇は43年ぶりだった。

 高松商の投手陣は佐藤晋平、末包旬希、行梅(ゆきうめ)直哉、大森健太郎らが140キロ超。安定感もあり、僅差(きんさ)の試合で崩れない強さがある。打線は西村賢太、村山由空、橋本琉稀斗ら経験豊富な選手が並ぶ。

 尽誠学園は主将・岩橋修太を中心に機動力が武器。四国大会準決勝では選抜大会8強の阿南光(徳島)を圧倒。投手陣は2年の西條蓮、広瀬賢汰、3年真田侑和らが安定している。

 春の県4強で2年連続出場を狙う英明、春4強の志度、昨秋の県決勝を戦った大手前高松、丸亀城西も底力がある。(和田翔太)

共有