Windows 10でタスクバーなど消える問題 既知の問題のロールバックで解消 | 財経新聞

0
10

Windows 10 でタスクバーやデスクトップが消えるなどの問題が発生する可能性が確認され、Microsoft が既知の問題のロールバック (KIR) を使用して解決したそうだ(Microsoft Learn の記事Neowin の記事Ghacks の記事)。

この問題は Windows 10 バージョン 20H2 以降すべてのバージョンが影響を受け、タスクバーやデスクトップが消えたり、応答しなくなったりする可能性がある。ただし、問題は一時的なもので、再起動すると解消するという。KIR は Windows の更新プログラムで問題の発生した部分だけをロールバックできる機能だが、原因は 8 月 26 日にリリースされた更新プログラムのプレビュー KB5016688 (リリースC) のため、バージョン 22H2 では原因となった更新プログラムが存在しない。

KIR が適用されるまでには最大24時間を要するが、インターネットに接続されたコンシューマーデバイスと非マネージドデバイスでは既に適用されていると思われる。一方、マネージドデバイスでは特別なグループポリシーをダウンロード・インストールして有効化する必要がある。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | GUI | バグ | Windows | IT

 関連ストーリー:

Windows 11、新規追加したMicrosoftアカウントでサインインに問題が発生していた 2022年09月10日

更新プログラムをインストールした Windows 11 の一部でスタートメニューが開かなくなる問題 2022年07月26日

IE モードのモーダルダイアログボックス表示で Microsoft Edge が応答しなくなる問題 2022年07月01日

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください