Ryzen 7 6800U搭載の10.1型UMPC「GPD WIN Max 2」発売

0
7

「GPD WIN Max 2」

 ジョイスティックやR/Lボタンなどを装備したゲーム向けの10.1インチノートPC「GPD WIN Max 2」が発売された。ラインナップはメモリ32GB・ストレージ2TBモデルとメモリ16GB・ストレージ1TBモデルの2つ。価格は前者が207,000円、後者が163,400円。なお、LTE内蔵版は12月12日(月)に発売予定だ。

 このほか、「GPD WIN Max 2 用 4096 筆圧スタイラスペン」が用意されており、同日発売される。

AAAゲームをフルHD解像度で快適に動かせるというUMPC

 GPD WIN Max 2は、10.1インチIPSパネル(解像度1,920×1,200ドット、10点タッチ対応)、Ryzen 7 6800U(8コア/16スレッド、最高周波数4.7GHz)、LPDDR5-6400メモリ、NVMe M.2ストレージ、Windows 11 Homeを搭載したノートPC。

 ゲームをプレイすることに特化した製品。ディスプレイを開くと手前にキーボード、奥にタッチパッドがあり、タッチパッドの両脇にはジョイスティックなどが配置されている。また、本体の奥のサイドにはR1/L1ボタン、R2/L2トリガーが、底面には2つの「カスタムキー」が装備されている。

 ホール素子を搭載するというジョイスティックでは、意図しないドリフティングを防止し、直感的な操作感を実現するという。また、「ゲームパッド/マウスモード切り替えスイッチ」によりWindowsの操作も行なえるとしている。

 付属のマグネット式カバーを取り付けてジョイスティックなどを隠すことができる。カバーは本体の底面に収納可能。

 サイズ(D×W×H)は160×227×23mm。重量は約1,005g。バッテリー容量は67Wh。200万画素カメラ、マイク、指紋センサー(電源ボタンに内蔵)、ジャイロセンサー、「ダブルバイブレーションモーター」も搭載されている。

 インターフェースはUSB4×1、USB 3.2 Gen2 Type-C×1、USB 3.2 Gen1 Type-A×3、HDMI 2.1×1、3.5mmヘッドセット×1、SDカードスロット×1、microSDカードスロット×1。USB4とUSB 3.2 Gen2 Type-Cは「USB PD 急速充電対応」とされている。

 付属品は充電アダプタ、充電ケーブル、マニュアル。オプションとして「GPD WIN Max 2 専用 増設用 1TB SSD」や「LTEモジュール」の単体販売も予定されている。

[取材協力:ハイビーム 秋葉原本店]

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください