OPPO A55s 5Gに通話時の不具合を修正するアップデートが配信 – OPPOラボ

0
9

オウガ・ジャパンは、2021年発売のスマートフォン「OPPO A55s 5G」で起きる、通話時に音量調整ができなくなる問題を改善します。

修正は最新のソフトウェアアップデートによって行われ、ほかセキュリティ更新や微調整も施されます。

 

OPPO A55s 5Gの通話不具合改善アップデート

11月より、OPPO A55s 5Gに最新のソフトウェアアップデートの配信が開始されています。

端末に届いたアップデート通知によりますと、通話時に音量が変更できなくなる場合がある問題が修正されるということです。

ほかにも2022年9月のAndroidセキュリティパッチを適用し、デバイスのセキュリティの強化も行うと案内しています。

更新ファイルサイズは778MBで、Wi-Fiに接続した環境下での更新が推奨されます。

 

更新後 ロック画面に小さくも大きな変化

11月配信の通話不具合修正アップデートをSIMフリー版OPPO A55s 5Gにインストールを行いました。

今回の主問題である通話時に音量調整ができない不具合について確認したところ、通話中でも問題なく音量が変更できました。

「Androidセキュリティパッチレベル」は2022年9月5日に更新されています。

一方で不具合改善の他に小さいながら目立つ変更点もあり、ロック画面の時計が太字で表示されるようになりました。

他の機種では細字表示となっているため、現時点でOPPO A55s 5Gのみの仕様となっています。

ロック画面の時計表示が太文字に(写真左)

 

現時点で一部モデルに配信

OPPO A55s 5Gには通信事業者から販売されているキャリアモデルが存在していますが、現時点で配信が行われているのはSIMフリーモデルとソフトバンクモデル(A102OP)の2モデルです。

OPPO A55s 5Gを取り扱っている楽天モバイルは7日8時時点でソフトウェア更新実施の発表をしておらず、配信がまだ開始されていないと見られます。

今回の更新は携帯電話の肝である通話機能に関する改善が含まれており、早期配信に期待したいところです。

 

関連記事 : OPPO、ロック画面の時計を太字表示に変更

リンク

情報元(Source) : ソフトウェアアップデートのお知らせ | 楽天モバイル

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください