「画像が他の画像へ変化するまでの過程」を画像生成AI「Stable Diffusion」で生成できるスクリプト「Interpolate」の導入手順&使い方まとめ – GIGAZINE

0
10



画像生成AI「Stable Diffusion」には参考画像を指定して構図や雰囲気の似た画像を生成する「img2img」と呼ばれる機能が備わっています。そんなimg2imgを活用して「始まりの画像」と「終わりの画像」を指定するだけで両者の中間画像を生成できるスクリプト「Interpolate」がStable Diffusionの多機能UI「Stable Diffusion web UI(AUTOMATIC1111版)」向けに公開されていたので、実際に導入する方法や使い方をまとめてみました。

GitHub – DiceOwl/StableDiffusionStuff
https://github.com/DiceOwl/StableDiffusionStuff

◆Interpolateの導入手順
Interpolateを使うには、まずStable Diffusion web UI(AUTOMATIC1111版)をインストールする必要があります。Stable Diffusion web UI(AUTOMATIC1111版)をインストールしていない場合は、以下の記事を参考にインストールしてください。

画像生成AI「Stable Diffusion」を4GBのGPUでも動作OK&自分の絵柄を学習させるなどいろいろな機能を簡単にGoogle ColaboやWindowsで動かせる決定版「Stable Diffusion web UI(AUTOMATIC1111版)」インストール方法まとめ – GIGAZINE


Stable Diffusion web UI(AUTOMATIC1111版)のインストールが完了したら、InterpolateのGitHubリポジトリにアクセスして「Code」と記された部分をクリックし、「Download ZIP」をクリックします。ファイルサイズは11.6MB。


ZIPファイルのダウンロードが完了したら、Windows標準機能や「Explzh」などの解凍ソフトを用いてZIPファイルを解凍します。解凍したフォルダの中に含まれている「interpolate.py」が今回使うスクリプトの本体です。


次に、Stable Diffusion web UI(AUTOMATIC1111版)の「scripts」フォルダの中に「interpolate.py」をコピーします。


以下のように「scripts」フォルダに「interpolate.py」があれば、Interpolateの導入は完了。


◆Interpolateの使い方
Interpolateを使うには、まず「始まりの画像(画像A)」と「終わりの画像(画像B)」を用意します。今回は、以下の画像の左側を「画像A」、右側を「画像B」として用いることにしました。


画像を準備したら、Stable Diffusion web UI(AUTOMATIC1111版)のimg2imgタブをクリックし、画像入力エリアに画像Aをドラッグ&ドロップします。


次に、画面下部の「Script」の選択欄から「Interpolate」を選択します。


すると、Interpolateの画像入力エリアが出現するので、画像Bをドラッグ&ドロップ。


続いて、画像Aと画像Bのプロンプトを考えた上で、画面上部のプロンプト入力エリアに「画像Aのプロンプト:1~0 AND 画像Bのプロンプト:0~1」という形式のプロンプトを入力します。例えば画像Aのプロンプトが「big apple, anime style」で画像Bのプロンプトが「small apple, anime style」の場合、「big apple, anime style:1~0 AND small apple, anime style:0~1」と入力すればOK。このとき、「:」の前後にスペースを含めないように注意が必要です。


プロンプトを入力したら、画面下部に移動して「Interpolation values」と記された入力エリアに「0-1[11]」と入力します。これで設定は完了です。


設定が完了したら「Generate」ボタンをクリックして画像を生成します。


しばらく待つと、以下のように「画像Aから画像Bへの変化を補間する画像」が出力されました。


この記事のタイトルとURLをコピーする

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください