抽選会前の各校の主将たち=2024年6月19日、大分市の別大興産スタジアム、大村久撮影
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版

 第106回全国高校野球選手権大分大会(朝日新聞社、大分県高校野球連盟主催)の組み合わせ抽選会が19日、大分市内であり、参加43チームの対戦相手が決まった。

 昨夏、今春に続き、3季連続の甲子園出場を狙う明豊は中津東と宇佐の勝者と対戦。今春の県大会優勝の大分は、楊志館と藤蔭の勝者と顔を合わせる。

 大会は大分市の別大興産スタジアムで行われる。7月6日に開幕し、大会が順調に進めば決勝は25日に行われる。

大分大会の展望

 (前年優勝校 明豊 前年参加チーム43)

 昨夏、今春と連続で甲子園に出た明豊が一歩抜けており、4年連続の全国選手権出場を狙う。昨夏の甲子園でも投げた右腕・野田皇志は力強い直球が武器。打ち取るための変化球をも冬場に磨いた。打線は木村留偉、高木真心に機動力があり、どの打順からでも得点できるのが魅力だ。

 追うのは昨秋の九州大会で8強入りした大分舞鶴、春の県大会優勝の大分、同4強の鶴崎工、長身から150キロの直球を投げ下ろす右腕・狩生聖真がいる佐伯鶴城といったシード校だ。春準優勝の津久見や8強の柳ケ浦、藤蔭も侮れない。(大村久)

共有