今が最後の花道?? それでもトヨタ ホンダ マツダ 各社しのぎを削る3ペダルMTモデル インプレ5選

0
8


 2ペダルATが主流の昨今。それでもクルマ好きとしてはやっぱり3ペダルMTを推したい。 「ちょっと気になる」あのクルマの3ペダルMTインプレ5選。

※本稿は2022年9月のものです
文/ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年10月26日号

【画像ギャラリー】気になる5モデルをギャラリーでチェック!(10枚)


■トヨタ カローラシリーズ

 カローラシリーズには1.2Lターボエンジンモデルに6MTが用意されている。セダンとツーリングでは、1.2Lターボは6MTのみの設定で、スポーツには設定されるCVTの設定がないのもポイント。

 あえて3ペダルMTのみとすることで、存在感を際立たせているのだ。

 カローラシリーズの6MTには、シフトダウン時にエンジン回転を合わせるiMTがあり、ヒール&トゥを駆使せずともMTドライブが楽しめる。

 願わくば、エンジンがもうちょい切れ味シャープだとMTがより楽しいのだが……。

●トヨタ カローラスポーツ(G)主要諸元
・価格:234万円
・トランスミッション:6MT
・WLTCモード燃費:15.8km/L
・全長:4375mm
・全幅:1790mm
・全高:1460mm
・ホイールベース:2640mm
・車両重量:1300kg
・エンジン:直4DOHCターボ、1196cc
・最高出力:116ps/5200-5600rpm
・最大トルク:18.9kgm/1500-4000rpm


トヨタ カローラシリーズ

■ホンダ N-ONE RS

 もうこれは、完全に趣味性を追求した6MT仕様の設定だ。

 ちなみに、CVT仕様のWLTCモード燃費は21.8km/Lで6MTは21.6km/L。最近はCVTのほうがモード燃費が優れるケースも多いが、MTもがんばっている。

 インパネサイドからニョキと生えるシフトノブをカチャカチャ動かすと、思いのほかショートストロークで小気味よく、カチカチとシフトが決まって操作が楽しくなる。

 エンジンは回してナンボって特性じゃないから、MTでなきゃってものでもないけれど、運転の楽しさを味わえるのよ!

●ホンダ N-ONE(RS)主要諸元
・価格:199万9800円
・トランスミッション:6MT
・WLTCモード燃費:21.6km/L
・全長:3395mm
・全幅:1475mm
・全高:1545mm
・ホイールベース:2520mm
・車両重量:840kg
・エンジン:直3DOHCターボ、658cc
・最高出力:64ps/6000rpm
・最大トルク:10.6kgm/2600rpm


ホンダ N-ONE RS

■マツダ CX-30

 コンパクトSUVのCX-30をあえて3ペダルMTで乗るというのは、かなりコアなMT派でないと、なかなか理解ができないかもしれない。

 しかし、マツダの2ペダルATは6速で、現代主流となった8速、あるいはCVTと比べるとドライバビリティ面でやや劣ることは否めない。ここはあえて6MTで軽快に走らせるというのも悪くない。実際、マツダの6MTはシフトのタッチが上質で操作自体が心地よい。

 WLTCモード燃費は6ATの17.4km/Lに対し6MTは18.5km/Lと4%程度向上。

 シビックにはCVTと6MTの設定があり、価格は同じ。WLTCモード燃費も16.3km/Lで両モデル同じというのも面白い。

 1.5Lターボエンジンのシフトダウン時の回転落ちのレスポンスが少々鈍く、シフトアップ時もスパスパとした切れ味がイマイチ欠けるため、MTの魅力を引き出し切れていないのは残念なのだが、MT自体のシフトフィールは剛性感があり、タッチもカッチリしていて心地いい。

 MTを操る楽しさを味わわせてくれる。ちなみに6MTはCVTに対して30kg車重が軽い。

●マツダ CX-30(X Lパッケージ FF)主要諸元
・価格:367万9480円
・トランスミッション:6MT
・WLTCモード燃費:18.5km/L
・全長:4395mm
・全幅:1795mm
・全高:1540mm
・ホイールベース:2655mm
・車両重量:1470kg
・エンジン:直4DOHC、1997cc
・最高出力:190ps/6000rpm
・最大トルク:24.5kgm/4500rpm


マツダ CX-30

次ページは : ■ホンダ シビック

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください