ポルシェ 911 がオフローダーに、「ダカール」登場…ロサンゼルスモーターショー2022 | レスポンス(Response.jp)

0
9

ポルシェは11月17日、2ドアスポーツカー「911」シリーズの新モデル『911ダカール』(Porsche 911 Dakar)を、ロサンゼルスモーターショー2022でワールドプレミアした。

◆オフロードモデルらしい専用装備

911ダカールは、911シリーズから派生したオフロードモデルだ。車名の「ダカール」には、1984年の「パリ・ダカールラリー」において、ポルシェが初の総合優勝を飾ったことに対する敬意が込められている。

911ダカールには、新開発のCFRP(カーボンファイバー強化プラスチック)製固定式軽量リアスポイラーと、『911 GT3』から採用されたエアアウトレットが特長のCFRP製フロントラゲッジコンパートメントリッドが装備されている。

また、フロントとリアの赤いアルミニウム製けん引バー、ワイドなホイールウェルとシル、フロント、リア、サイドシルのステンレススチール製保護エレメントなど、標準的なオフロード用ディテールも装備された。さらに、再設計されたフロントエンドのサイドエアインテークは、ステンレススチール製グリルによって飛石から保護されている。

ポルシェ 911 ダカール(ロサンゼルスモーターショー2022)

◆最大出力480psの水平対向6気筒ツインターボ搭載

911ダカールのリアには、排気量3.0リットルの水平対向6気筒ガソリンツインターボエンジンが搭載される。最大出力は480ps、最大トルクは58.1kgmを引き出す。優れたパフォーマンスと魅力的なボクサーサウンドを実現した、と自負する。動力性能は、0~100km/h加速が3.4秒。最高速はオールテレーンタイヤ装着のため、240km/hに制限される。

911ダカールには、8速PDKとポルシェ4WDシステムが採用された。リアアクスルステアリング、911 GT3から採用されたエンジンマウント、アンチロールスタビリティシステム「PDCC」も標準装備されている。すべてのコンポーネントの相互作用により、砂地や緩い地面でもドイツ・ニュルブルクリンク北コースと同じように、ダイナミックに走行することができるという。

また、ステアリングホイールのロータリースイッチで選択可能な2つの新しいドライビングモードも、オフロード性能の最大化に貢献する。ラリーモードは、起伏のある緩い地面に最適なモードで、リア重視の4WDが特長だ。オフロードモードにすると、車高が自動的に上昇する。このモードでは、難易度の高い地形や砂地でトラクションを最大限に引き出す。また、両方のドライビングモードに、新しいラリーローンチコントロールが備わる。これは約20%のホイールの空転を許容し、緩い地面での優れた加速を可能にしている。

ポルシェ 911 ダカールポルシェ 911 ダカール

◆最低地上高は最大で80mm引き上げることが可能

911ダカールでは、最低地上高が「911カレラ」のスポーツサスペンション装着車に対して、50mm引き上げられた。標準装備のリフトシステムによって、車高をさらに30mm高めることができる。

特別に開発されたピレリ製のオールテレーンタイヤを装着した。サイズはフロントが245/45ZR19、リアが295/40ZR20だ。溝の深さは9mm。補強されたサイドウォールとスレッドは、2層のカーカスプライで構成されている。これにより、ポルシェ911ダカールのタイヤは、高い耐カット性を備え、難易度の高い地形にも理想的という。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください