台湾で韓国の「辛ラーメン」1000ケースが廃棄処分に、農薬成分検出=韓国ネットに不安の声

0
47

18日、韓国メディア・韓国経済は、輸出用の「辛ラーメン」から農薬成分が検出されたと伝えた。資料写真。

2023年1月18日、韓国メディア・韓国経済は、輸出用の「辛ラーメン」から農薬成分が検出されたと伝えた。

記事によると、台湾衛生福利部食品薬物管理署(食薬署、TFDA)は17日、通関検査で不合格となった輸入製品10件を公開。残留農薬検査の結果、韓国の食品大手農心の「辛ラーメンブラック 豆腐キムチ」のスープから基準値を超える酸化エチレン(エチレンオキシド)が検出され、1000ケース・1128キログラムを返送・廃棄したと説明した。

殺菌の用途に使われる酸化エチレンは、世界保健機関(WHO)傘下の国際がん研究機関(IARC)が発がん性物質に分類している。

食薬署は、昨年から今月17日までに酸化エチレンが検出されたラーメン製品が韓国3件、日本7件、インドネシア13件、フィリピン2件、ベトナム7件の計32件に上ると発表したという。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは「台湾の公務員はちゃんと仕事している」「農心の農は農薬の農だったのか」「韓国の食品医薬品安全処は何をしている?」「韓国内に流通しているものは大丈夫なのか?」「韓国の公務員が遊んでいる証拠だ」「農心は公式な立場を発表するべきでは?韓国国民に愛される代表食品なのに、そんなものが検出されるなんて!」など不安の声が上がっている。

一方で「外国が自国産を保護する手法で最も多いのが、残留農薬があったとうそをつくこと」「その結果は信用できない。日本が7件なのに中国は0件?」などと疑う声も見られた。(翻訳・編集/堂本

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください