2022年 F1アブダビGP 決勝:FACT AND STATS 【 F1-Gate .com 】

0
3

2022年のF1世界選手権はF1アブダビGPで閉幕。両方のタイトルはすでにマックス・フェルスタッペンとレッドブル・レーシングが獲得していたが、彼らの背後での戦いは依然として熾烈だった。

ドライバーズランキングでは、シャルル・ルクレール(フェラーリ)がセルジオ・ペレス(レッドブル)を倒して2位を獲得。7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、16年のF1キャリアで初めてポールポジションと勝利のないシーズンとなり、キャリアワーストとなるランキング6位でシーズンを終えた。

● マックス・フェルスタッペンにとってヤス・マリーナでの3連勝であり、同じトラックで3年連続で優勝したのはキャリアで初めてとなる。

● マックス・フェルスタッペンにとってシーズン15勝目であり、マクラーレンのほぼ完璧な1988年シーズンにおけるアラン・プロストとアイルトン・セナの合計勝利数に匹敵する。

● F1アブダビGPは8回連続でポールポジションからレースウィナーが生まれている。

● フェラーリは、ドライバーズチャンピオンシップとコンストラクターズチャンピオンシップで2位を獲得した。

● シャルル・ルクレールの2位は、2018年以来のヤス・マリーナでのフェラーリのベストリザルト。

● シャルル・ルクレールは、F1アブダビGPで2019年の4位がベストリザルトだった。

● セルジオ・ペレスが3位でフィニッシュし、最終順位でシャルル・ルクレールに3ポイント差でフィニッシュしたことで、レッドブルが前戦ブラジルGPでポジションを入れ替えて2ポイントを獲得していても意味はなかったことになる。

● レッドブルはまだドライバーズチャンピオンシップでワンツーフィニッシュを達成したことがない。

● セルジオ・ペレスの3位入賞は今シーズン11回目の表彰台であり、過去7シーズンで獲得した表彰台の合計数に匹敵する。

● 4位でレースを終えたフェラーリのカルロス・サインツは、ドライバーズチャンピオンシップでルイスハミルトンを抜いて5位に浮上し、2021年の最終順位に匹敵した。

● ジョージ・ラッセルは、今年の22レースで19回目のトップ5フィニッシュを達成し、レースで5位を獲得した。

● ランド・ノリスは6位でホームに戻り、彼のキャリアで5回目のファステストラップを記録したが、コンストラクターズチャンピオンシップでランキング4位のアルピーヌを上回ることはできなかった。

● アルピーヌのエステバンオコンは7位を獲得。これは、ヤス・マリーナでの6回の出走で、これまでのベストリザルト。

● アストンマーチンのランス・ストロールが8位を獲得。今シーズン8位を超えたのは1回だけ(シンガポールの6位)。

● ダニエルリカルドは、マクラーレンでの最後のレースで9位でポイントを獲得したが、今シーズンは22レース中7レースしか入賞していない。

● アストンマーティンのセバスチャン・ベッテルは10位でフィニッシュし、299戦目となる最後のF1スタートでポイントを獲得した。

● ルイス・ハミルトンのDNFは、2022年シーズンのメルセデスの唯一のメカニカルが原因のリタイアだった。

● ドライバーズランキング6位はルイス・ハミルトンのF1での16シーズンで最悪の結果となる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1アブダビGP

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください