長野久義は「プロテクト29番目であった」 原監督が明かした5年前の電撃移籍の経緯 | Full-Count

0
6

巨人“復帰会見”に秋季キャンプ中の宮崎県から駆け付け同席した

 広島から巨人に無償トレードで加入することが決まった長野久義外野手が15日、都内のホテルで“復帰”会見を行った。秋季キャンプが行われていた宮崎県から急遽駆け付け同席した原監督は、2019年1月に人的補償で広島に移籍したことについて「プロテクトという中で、彼が当時29番目であった」などと当時の状況を語り、レギュラー奪取を期待した。

 2度の“ドラフト指名拒否”を経て2009年ドラフト1位で巨人に入団した長野は、2019年1月に丸佳浩外野手のFA加入に伴う人的保障で広島に移籍した。「元々NPBのルールの中でFA制度、28人プロテクトという中で、彼が当時、29番目であった。広島球団がプロテクトの中から、カープ長野が誕生した。誕生したときは、まさかという気持ちがあった。しかし長野という選手はそういう選手、求められる選手である」と回顧した。

 5年の時を経て、古巣のユニホームに袖を通すことになった。「言葉というのは必要なかった。我々も望む、長野自身も望んだ。巨人と長野は、かなり相思相愛ではあったけど、誕生するまでやや時間を要した。経緯が長いのかどうかというより、話が出た時点で言葉はいらない。相思相愛の中で巨人に戻ってきた」と指揮官にとっても喜びは大きい。

 期待することを聞かれると、原監督は「レギュラーになってほしい。情けはかけない」とキッパリ。12月で38歳になる長野には、技術と心でチームを日本一へと牽引していくことが求められている。

(Full-Count編集部)


返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください