元F1王者キミ・ライコネンの息子ロビンがカートで大物の片鱗 【 F1-Gate .com 】

0
20

F1の二世ドライバーとして次に名を馳せるのは『ライコネン』かもしれない。

F1では多くの二世ドライバーが活躍しており、ニコ・ロズベルグとケケ・ロズベルグ、そして、現役F1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンとヨス・フェルスタッペンの厳しいレーシング教育は有名な話だ。

最近では、ファン・パブロ・モントーヤの息子セバスチャン、アレックス・ブルツの息子チャーリーなどがシングルシーターで次のステップを踏もうとしている。

そして、注目を集めているのが、キミ・ライコネンの息子ロビンだ。

2007年にF1ワールドチャンピオンを獲得したキミ・ライコネンは、2021年シーズンで20年間のF1キャリアに終止符を打った。

キミ・ライコネンは、現役時代からロビンをカート場に連れて行っている様子をソーシャルメディアに投稿しており、すでにロビンは4歳でカートメーカーのCRGがスポンサーについている。

現在、7歳になったロビン・ライコネンはカートへの情熱を失っていないようだ。

元フェラーリの役員であり、キミ・ライコネンの親しい友人であるジノ・ロサトは、今週、7歳のロビン・ライコネンのレーシングカートを見て一日を過ごした。

「なんて日だ! キミ・ライコネンと妻ミントゥと一緒に7歳の小さなエースが110周を走るのを見た!」とジノ・ロサとはソーシャルメディアに興奮気味に投稿。

「この姿は以前にも見たことがあるような気がする。とても静かで、交流も少なく、いつも少し戸惑い、無関心に見える。しかし、彼の父親のように『Leave me alone(放っておいてくれ)』だ」

「車はどこにある? 魔法は命を吹き込む。quick、fast、rapid、natural talent、呼びたいように呼ばばいい!! F1、あるぞ‥‥」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / キミ・ライコネン

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください