レッドブルF1 「2023年マシンが全てRB18のクローンになるとは思わない」 【 F1-Gate .com 】

0
7

レッドブル・レーシングは、現在のF1レギュレーションの制約にもかかわらず、ライバルがすべて2023年F1シーズンに向けて成功したRB18デザインのコピーを作成することを疑っている。

レッドブル・レーシングは2022年F1シーズンのベンチマークカーを製作した。マックス・フェルスタッペンは記録破りの14回のグランプリ優勝を記録し、チームメイトのセルジオ・ペレスはさらに2回の優勝を達成し、圧倒的なチャンピオンシップ勝利を収めた。

しかし、レッドブル・レーシングのチーフエンジニアであるポール・モナハンは、メルセデスとフェラーリが今年行ったように、ライバルチームが異なるデザイン哲学を追求できると考えている。

ポール・モンハンは、設計ルールは「車が非常に似ているという点で少し制約があり、以前に比べて自由度が制限されています」と彼は認めつつも、「簡単に言えば、車が同じ外観になるとは思わない」と彼は付け加えた。

「我々はまだそのポイントに達していないと思う。レギュレーションは、以前よりも厳密に形状を管理している。しかし、特にメルセデス、フェラーリ、レッドブルの車を見ると、いくつかの違いがある。いくつかの重要な違いがある」

今年行われたテクニカルレギュレーションの大幅な変更に続いて、2023年にはフロアの寸法など、マシンの一部の領域にマイナーな調整が行われる。

「来年に向けてレギュレーションの変更がある」とポール・モナハンは語った。

「第1戦で全員が同じ解決策を得るだろうか?それは我々のスポーツのやり方ではないように思う」

「だから、そこに違いがあると思う。それらは、たとえば2010年、2011年、2012年などに見られたものよりもマグニチュードは小さくなるだろう。それはスポーツの進化だ」

だが、すでに2022年中にレッドブルのデザインの手がかりを取り入れているウィリアムズのテクニカルディレクターであるフランソワ=グザヴィエ・ドゥメゾンは別の見方をしている。

「青い車のスピードを見れば、チームは収束するだろうと確信している」とフランソワ=グザヴィエ・ドゥメゾンは言った。

「すでに多くの車がその方向に向かおうとしていると思う。だから、同じ方向に向かう車が増えていないとしたら、私は驚くだろう。それを避けることはできない。それがモータースポーツであり、常に最速の車をコピーする。それがF1だ」

アストンマーティンのパフォーマンスディレクターであるトム・マッカローは、F1スペインGPに登場したとき、その改良された車が「グリーンレッドブル」と呼ばれたこともあり、現在のルールでは、チームがシーズン中に複数の開発パスを試すことを思いとどまらせていると語った。シーズン前のテスト。

「コストギャップは、人々が見たことのないトラックに持ち込むことができなかったアイデアに取り組んでいることを意味すると思う」とトム・マッカローは語った。

「したがって、来年の初めにはおそらくいくつかの違いが見られるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください