レッドブルF1首脳、スクーデリア・アルファタウリ売却の噂を否定 【 F1-Gate .com 】

0
7

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、創業者兼共同オーナーを務めたディートリッヒ・マテシッツが逝去したことを受けて、レッドブルのF1運営全体は「確実に変化する」と認める。

だが、ヘルムート・マルコは、レッドブルの新しいスポーツ関連のCEOにオリバー・ミンツラフが就任するという動きを挙げ、スクーデリア・アルファタウリを売却するという噂をもみ消した。

「グループはうまくいっている」とディートリッヒ・マテシッツに最も近いF1役員であるヘルムート・マルコは Auto Motor und Sport に語った。

「チームを売却する経済的な必要性はない。スポーツに関しては、彼らをより高いレベルに戻す必要がある」

しかし、レッドブルのF1運営全体については、ヘルムート・マルコは「確実に変化する」と認めている。

「事実上の専制政治だった」とヘルムート・マルコは言った。

「しかし、レッドブル・レーシングはグループの最強かつ最も効率的なマーケティングツールであり、過去には非常に独立して働いていた」

「特定の社内規則に従う必要がなかったのは我々だけだった。その自律性は、マテシッツの同意を得て存在していた」

レッドブルが推進してきたF1オーストリア GP の将来について、ヘルムート・マルコはレッドブル・リンクが「それはマテシッツ財団が所有している」と述べた。

「グループとは別だ。レッドフル と Projekt Spielberg の間にはスポンサー契約がある。民間財団がどうなるかを見なければならない。しかし、私が言ったように、それはレッドブルとは無関係だ」

レッドブルのF1マネジメントのトップとしての自身の役割について、ヘルムート・マルコは「もうすぐタイで交渉がある」と語った。

「私は独立している。全体の構造による。しかし、まだやるべきことがたくさんあり、順調に進んでいる。我々は非常に効率的に仕事をしている」

また、ヘルムート・マルコは、注目を集めるペナルティと現コンストラクターのチャンピオンに対する制限されたルールにより、レッドブルはF1の予算上限内にとどまるのがより簡単になるだろうと冗談を言った。

「我々の風洞の問題は、それが戦後の製品であることだ」とヘルムート・マルコは語った。

「これは英国国防省によって設置され、記念物として保護されている。

「とてつもなく長く、隔離されていないので、特に外が寒いときは、暖まるのに時間がかかる。エイドリアン・ニューウェイは長い間不平を言っていたし、新しいものを作成している」

「開発全体がCFDシミュレーションに向かっているので、それは実際には馬鹿げている。我々(F1チーム)が同意できなかったので、さらに5000万ドルかかる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / アルファタウリ

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください