ランド・ノリス「マクラーレンF1との契約延長前にレッドブルと話した」 【 F1-Gate .com 】

0
10

ランド・ノリスは、今年初めにマクラーレンF1チームと契約を延長する前に、レッドブルや他のチームと話をしたと語る。

2019年にマクラーレンのF1ドライバーとなったランド・ノリスは、2025年末までチームと契約を結んでいる。マクラーレンでの4シーズンで、ランド・ノリスは1回のポールポジションと6回の表彰台を獲得し、昨年はドライバーランキング6位でシーズンを終えている。

マクラーレンと契約を延長することを選んだランド・ノリスだが、その過程でレッドブルと自分の将来について話をしたことを認めている。

「もちろん、他の人との話し合いは時々ある」とランド・ノリスはAutoMotorundSportに語った。

「いつも『自分のキャリアにとって何がベストか?』と自問自答するものだ」

「結局、僕はワールドチャンピオンになりたい。レッドブルとの交渉はあった。彼らは何年もトップ3に入っているチームだ」

レッドブル・レーシングは今年初めに、セルジオ・ペレスが2024年末までチームに残留し、2028年まで契約を結んでいるマックス・フェルスタッペンのチームメイトを務めることを発表した。

先週末のF1メキシコGPでレッドブル・レーシングとの話し合いについてコメントを求められたとき、ランド・ノリスは話し合いの深刻さを軽視した。

「契約が終わりに近づいていたいう部分が大きいね。レッドブルとたくさんの話をしたわけではない」とランド・ノリスは語った。

「文字通り、ある時点で誰もが常にすべてのチームと話そうとするものだし、僕も彼らと話をした。他の何チームかの人々とも話をした」

「チャットはチャットだ。『すぐに何ができる?』というようなものではない。連絡を取り合っているだけだ。そのような感じだ。そのときはそれくらいシンプルだ」

「ちょうど契約が終わりに近づいていた。どんなオプションが利用可能かを見て、何が可能か、今後数年間で何が可能になるかを知るだけのことだ」

「レッドブルだけではなかった。すべてのドライバーが、何が起こるかについて多くの異なるチームとチャットしていrけど、基本的にはそれと同じくらいシンプルなものだった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ランド・ノリス / レッドブル / マクラーレン

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください