ランス・ストロール、F1シンガポールGP予選での大クラッシュを説明 【 F1-Gate.com 】

0
13

ランス・ストロールは、2023年第16戦シンガポールGPの予選での大クラッシュはさまざまな要因が重なったと考えている。Q1降格圏からの脱出を目指していた奮闘していたストロールは、最終コーナーのアウト側の縁石に乗り上げて挙動を乱し、バリアに突っ込んだ。ダメージを受けたマシンはスタートフィニッシュストレートで停止した。

Q2進出に必要なタイムをコンマ3秒下回るタイムで最終セクターを通過したストロールは、スピンを喫したときにタイムを挽回しようと必死だったことを認めている。「僕は大丈夫だ。ガレージでもレーストラックでも大きな仕事が待っているので悔しい」とストロールは嘆いた。「予選セッション中はずっとグリップを得るのに苦労していた。最後のプッシュの前にトラフィックに巻き込まれてアウトラップがうまくいかず、計量のために止められてしまった。ピエール(ガスリー)から数秒遅れてスタートすることになったし、計画通りにはいかなかった」「ラップタイムが上がらないのを見て、その分を取り戻そうと最終コーナーでハードにプッシュして、そこで問題は発生してしまった。明日のレースで何ができるか見てみよう」この恐ろしいクラッシュでストロールのフロントエンドは大きく破壊されたが、彼は無傷で事故から生還。メディカルセンターでの治療を終え、オールクリアを与えられた。アストンマーティンもストロールに怪我はないことを確認している。ストロールは日曜日のシンガポールGPで最後尾20番手に並ぶ予定だ。 この投稿をInstagramで見る FORMULA 1®(@f1)がシェアした投稿

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください