マックス・フェルスタッペン、F1の“スーパーライセンス税”も新記録 【 F1-Gate .com 】

0
11

F1タイトルを2連覇したマックス・フェルスタッペンは、F1の“スーパーライセンス税”の金額でも新記録を更新することになる。

ドライバーは、スーパーライセンスを持っていなければF1で走れない。この特別なレーシングライセンスは、達成された F1 ポイントごとに計算される特別な“スーパー ライセンス税”を F1 ドライバーに課している。マックス・フェルスタッペンにとって、今年はかなりの金額になるだろう。

2008年、元ドライバーで当時FIA会長だったマックス・モズレーは、スーパーライセンスの年間更新料を大幅に引き上げる必要があると決定した。 2007年までのライセンス料は、1,690ユーロ(約24万5000円)と1ポイントにつき447ユーロ(約6万5000円)だった。

しかし、2008年には10,000ユーロ(約145万円)+1ポイントあたり2,000ユーロ(約29万円)に値上げされ、2009年には、10,400ユーロ(約150万円)+1ポイントあたり2,100ユーロ(約30万円)への値上げに加えて、2,720ユーロ(約40万円)の強制保険料が加算された。

マックス・モズレーの主張は、F1ドライバーは十分な収入を得ており、より多くの貢献を許されるべきだというものだった。結局のところ、この“スーパーライセンス税”からのお金は、F1 の安全性を向上させるためにポットに入れられる。FIA によると、すべてのドライバーの収入には大きな差があるため、ポイントあたりの税金は良い結果だ。収入が少ないドライバーは、弱いチームで運転する可能性が高く、そのため獲得ポイントが少なくなる。
この決定から15 年間、ほとんど変わっていないがいずれにせよ、2022年の要点は、マックス・フェルスタッペンがシーズン後の多額のスーパーライセンス税を支払う可能性があることだ。

実際、マックス・フェルスタッペンは、前戦F1メキシコ GPの優勝で、1シーズンで最多獲得ポイントの新記録を達成した。現在の416ポイントを獲得しているフェルスタッペンは、10,400 ユーロの更新料と 1 ポイントあたり 2,100 ユーロを合計すると、彼の手数料は 884,000 ユーロ(約1億2800万円)になる。この程度のドライバーなら、基本料金はわずかだ。

今シーズンはスプリント レースを含む 2 つのレース ウィークエンドがあるため、理論的にはマックス・フェルスタッペンはさらに 60ポイントを獲得する可能性がある。これにより、彼の手数料は 100 万ユーロ(約1億4500万円)強になる可能性がある。これは角田裕毅の推定年俸よりも高い。つまり、フェルスタッペンがポイント記録を打ち立てていくほど、法外に高額なスーパーライセンス税を支払うことになる。

だが、複数のF1ドライバーの契約には、1ポイントごとのボーナスが含まれている。このような合意により、チームがポイントごとに間接的に支払ことになる。マックス・フェルスタッペンの新しい契約では確認されてはいないが、含まれてい可能性は高い。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください