フェルナンド・アロンソ 「アルピーヌF1の信頼性はマクラーレン時代のホンダと同等」 【 F1-Gate .com 】

0
8

フェルナンド・アロンソは、アルピーヌF1チームでの苦境をホンダのF1エンジンを搭載していたマクラーレンをドライブしていたときに耐えた惨めさになぞらえた。

F1メキシコGPでフェルナンド・アロンソは再びルノーのF1パワーユニットが故障してシーズン5回目のリタイアを喫したことで激怒。シンガポールでの前回の故障からわずか3レースしか経っていない。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、信頼性の問題によって66ポイントを失ったと述べ、すべての問題は自分のガレージだけで発生していると主張した。

リタイアする前にA522のエンジンのシリンダーが機能しなくなったとき、フェルナンド・アロンソは無線で不満をもらしていた。

そのメッセージは、2015年にマクラーレン・ホンダに在籍していたときの記憶を呼び起こした。フェルナンド・アロンソは、現在ではワールドチャンピオンに勝っているホンダのF1エンジンの信頼性の低さとパフォーマンスの欠如について、容赦なく冷酷に意見を述べていた。

フェルナンド・アロンソの痛烈なレビューには、ホンダのホームレースとなる鈴鹿でのF1日本GPでdエンジンを「GP2エンジン」とラベル付けした侮辱が含まれている。

以前にそのような不幸を経験したことがあるかと質問されたフェルナンド・アロンソは2つの状況を比較して、「ホンダでは、年末に72グリッドくらいのペナルティがあったので、似たような感じだ」と語った

「ホンダの状況では2台とも止まっていた。今年は14号車だけだ」

問題が純粋に運によるものかどうか質問されたフェルナンド・アロンソは「僕たちは準備ができていない」と語った。

「エンジンはレースを完走できないし、6基または7基のエンジンを交換するのは不運では片づけられない。それでも僕たちはレースを完走できていない」

「彼らは来年の冬にやるべき仕事がある。あまり多くないことを願っている」と今季限りでアルピーヌF1チームを離れるフェルナンド・アロンソは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / ホンダF1 / アルピーヌ

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください