ピエール・ガスリー 「F1ルール変更には表彰台の多様化を期待していた」 【 F1-Gate .com 】

0
7

ピエール・ガスリーは、競争力を高めるために導入されたF1レギュレーションの変更にもかかわらず、2022年シーズンの表彰台がいかに予測可能であったかに失望していると語った。

2022年シーズンの上位3チーム (レッドブル、フェラーリ、メルセデス)の結果を除けば、今シーズン、表彰台に足を踏み入れた唯一のドライバーはマクラーレンのランド・ノリスだけだ。

これは8つの異なるチームがシーズンを通じて少なくとも 1回は表彰台を獲得した2021 年シーズンとは対照的だ。

今シーズンの新しいF1レギュレーションがどれほど成功したかについての彼の考えを尋ねられたピエール・ガスリーは「レースに関しては、オーバーテイクが増えたと思う。 ドライビングに関しては、いくつかのトラックでより簡単に追跡できるなっている」と答えた。

「その点で言えば、間違いなく、それらはスポーツに提供し、改善してきたと思う」

「一方、今年のすべての表彰台を見れば、トップ3を除いて、ランドがなんとか表彰台に上がった1回だけだった」

「個人的には、トップフィニッシュオーダーのように、フィニッシュオーダーにもう少し多様性が見られることを望んでいた。より多くのミッドフィールドチームが表彰台を争うチャンスを得られるかもしれないと思っていた」

これは、2021年にミッドフィールドチームだったフェラーリが、2022 年には優勝候補になったことで説明できる。

2021年は、レースでの勝利を目指して一貫して戦っていたのはレッドブルとメルセデスだけだったが、ミッドフィールドチームは表彰台を獲得したり、場合によっては可能な限りレースで勝利する可能性もあった。

「これが今後数年で改善され、フィールドがより緊密になり、表彰台を争うチームが増えることを願っている」とピエール・ガスリーは付け加えた。

「常に1つか2つの優勢なチームがいるだろうけど、少なくともミッドフィールドが表彰台を争う機会を与えないほど大きなギャップがないことを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / アルファタウリ

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください