ピエール・ガスリー、アブダビテストでアルピーヌF1デビュー 【 F1-Gate .com 】

0
7

ピエール・ガスリーは、アルファタウリF1で最後のレースを終えた2日後にヤス・マリーナで開催されるポストシーズンテストでアルピーヌF1チームでデビューを果たします。

ピーエル・ガスリーは、F1キャリア全体をレッドブルの2つのチームで過ごしてきたが、2023年からアルピーヌF1チームでレースする複数年契約を確保している。

アルピーヌF1チームは、シーズン後のテストでチームのA522をサンプリングするために、ピエール・ガスリーがアブダビグランプリの後にレッドブルによってリリースされることを確認した。

1日限りのテストは、11月22日にヤス・マリーナ・サーキットで行われる。

アルピーヌF1チームジュニアドライバーでジャック・ドゥーハンは、テスト中にチームのヤングドライバーの割り当てで走行する。。

2023年のピエール・ガスリーの後任であるニック・デ・フリースは、同じ日にアルファタウリでデビューする。

ピエール・ガスリーが移籍するアルピーヌF1チームのシートを拒否したドライバーであるオスカー・ピアストリは、チームからリリースされ、テストでマクラーレンのドライバーとして登場する予定となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください