バルテリ・ボッタス 「アウディはできるだけ早くザウバーF1をサポートするべき」 【 F1-Gate .com 】

0
8

アウディが2026年F1シーズンからザウバーと提携してファクトリーチームとして参戦するという発表は先週の大きな発表だったが、それはまだ3年先のことだ。

現在、アルファロメオの名前で2023年シーズン末まで活動しているチームのリードドライバーであるバルテリ・ボッタスは、アウディがすぐに競争力を発揮したければ、袖をまくり上げて手を汚すのをそれほど長く待つことはできないと語る。

「ザウバーとアウディには大きな可能性がある」とバルテリ・ボッタスはメキシコシティのメディアに語った。

「間違いなく、彼らは将来成功したいと思っている。彼らはうまくやりたいと思っているし、真剣だ」

「でも、アウディが正式にマニュファクチャラーになる前に彼らがどれくらいこのチームをサポートするつもりかにかかっている」

「もちろん、来年は何も変わらない。僕たちはまだアルファロメオと一緒にいるし、もちろん、今年よりも良いクルマを作れることを願っている」

「でも、2024年以降はサポートにかかっていると思う。彼らがどれだけサポートしてくれるかにね」

「現時点で予測することは不可能だけど、もし彼らが本当に多くのことを助け、サポートするなら、そしてパワーユニットが2026年に良好であるなら、どうして成功できない?」

バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1チームのシートを失った後、今年の初めに「複数年契約」でチームに移籍した。

シーズンの好調なスタートの後、チームの運命は暗転しましたが、バルテリ・ボッタスはメキシコで10位に終わった後、ポイントを獲得した。現在、チームはコンストラクターズランキングで現在6位だが、アストンマーティンはわずか4ポイント差に迫っている。

バルテリ・ボッタスは、それがチームの進歩の証であると考えており、アウディの時代までチームに残りたいと明言した。

「やるべきことはまだある。それは事実だ。でも、それほど遠くない」とバルテリ・ボッタスは主張した。

「すべての施設はそこにある。一部の施設、一部の機械は、チャンピオンシップで優勝したチームよりも優れている可能性がある」

「チームの人数は昨年(メルセデス)よりもまだ少し少ないので、まだやるべきことが少しある。でも、アウディのようなメーカーのサポートがあれば、それが不可能だという理由はないと思う」

「グリッド上のどのドライバーにとっても、特にすでにザウバーの一員である僕にとっては、そのプロジェクトに参加することは非常に興味深いことだと思う」

「僕は現在33歳だけど、まだ学ぶことがあると感じている。今よりもっと速く走れる。F1に貢献できることはたくさんあると思うので、しばらくこのままでいようと思っている」

「自分の将来について本当にオープンだ。アメリカが好きだし、インディカーを含む多くの興味深いカテゴリーがあるけど、それはまだだ」

「可能であれば、おそらくアウディと一緒にいるだろう」

アウディ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / ザウバー / アウディ

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください