ニコ・ヒュルケンベルグ 「今年の夏にハースF1チームに売り込みをかけた」 【 F1-Gate .com 】

0
3

ニコ・ヒュルケンベルグは、今年の夏にハースF1チームに連絡を取り、2023年のF1復帰について売り込んだことを明らかにした。

ハースF1チームは、11月17日(木)にミック・シューマッハに代えて2023年のケビン・マグヌッセンとしてニコ・ヒュルケンベルグと契約したことを発表した。

2019年末にルノーのシートを失って以来、ニコ・ヒュルケンベルグは3年ぶりにフルタイムでのF1復帰を果たす。2022年にアストンマーティンのリザーブドライバーとして働いていたヒュルケンベルグ、新型コロナウイルスに感染したセバスチャン・ベッテルの代役としてバーレーンとサウジアラビアに出場している。

ニコ・ヒュルケンベルグは、F1復帰への関心が高まったいることに気付いた後、今年の夏にハースF1チーム代表のギュンター・シュタイナーに夏に電話をかけ、シートに興味があることを伝えたことを明らかにした。

「2019年にアウトになってからももちろん幸せだった。少し距離を置いて、息を吹き返した」とニコ・ヒュルケンベルグは語った。

「2021年は何も起こらなかったし、今年の初めでさえ、僕はそれについてあまり強調したり考えたりしていなかった」

「でも、夏が近づいて、どういうわけか再び僕の中で成長していた。レースに来て、アクションと興奮を見たとき、戻りたいという願望が芽生えた」

「そして、議論が始まった」

ニコ・ヒュルケンベルグは、先月、ハースF1チームがドライバーの選択肢を検討したため、交渉は「より具体的かつ真剣」になったと述べた。その後、ミック・シューマッハの保持またはアントニオ・ジョビナッツィとの契約は除外され、ニコ・ヒュルケンベルグとの契約は最終的に先週水曜日に調印された。

F1復帰への関心が再び高まる前に、ニコ・ヒュルケンベルグは「ドライビングシートから離れた生活を楽しんでいた」ため、フルタイムでF1に戻ることについて「あまりストレスを感じていなかった」と説明した。

「はるかにリラックスしていたし、他にも利点があった。でも、その後、グリッドに戻りたい、レースをしたい、やっつけたい、ドライビングシートに座りたいという欲求が忍び寄ってきた」

「だから恐怖はなかった」

ニコ・ヒュルケンベルグは、来年3月のF1バーレーンGPでハースF1チームでのレースデビューを果たす前に、火曜日にアブダビで行われるポストシーズンテストでハースF1チームのマシンを初めて運転する。

ニコ・ヒュルケンベルグは、今年の最初の 2 レースから 2022 年F1マシンの経験があり、それ以降、タイヤ テストも行ってきたが、「スピードを上げ、マシンに慣れ、そこから作業するには数回の走行が必要だ」と考えている。

「明日に向けて最も重要なことはF1、特にこのハースのクルマについて理解することだ。来年に向けて少し有利なスタートを切ることになるからね」とニコ・ヒュルケンベルグは語った。

「最初のイベントの前に 3 日間のプレシーズン テストは多くない。だから、それは僕にとってちょっとしたティーザーだし、この車とシステムがどのように機能するか、ドライバーとしていろいろとフィットするかなど、多くの基本的なことをすでにクリアしておいて、邪魔にならないようにすることが重要だ」

「契約するまではどうなるか決して分からなかったけど、先月、それはますます具体的かつ深刻になっていたし、契約に同意できると楽観的だったし、確信していた」とニコ・ヒュルケンベルグは月曜日にヤス・マリーナ・サーキットで説明した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ヒュルケンベルグ / ハース

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください