セバスチャン・ベッテルのF1送別会で拡散の2000万円超えレシートの真相 【 F1-Gate .com 】

0
9

F1ドライバーが全員集まってセバスチャン・ベッテルを送別したアブダビのレストランでルイス・ハミルトンが手にしたとしてSNSで拡散された615065AED(約2270万円)のレシートが偽物であることをアレクサンダー・アルボンが断言した。

2022年のF1最終戦に先立つ木曜日の夜、ルイス・ハミルトンが主催してF1ドライバー全員が集合し、今年でF1を引退するセバスチャン・ベッテルの送別会を開いた。

しかし、翌日、その送別会のものとされる14万ドルのレシートがSNSで拡散。ファンもそれが偽物だとは分かっていたが、一部のファンはそれを面白がって拡散した。

まず第一に、ディナーはアブダビグランプリの週末の前夜に行われたため、F1ドライバーがバーに行って高価な Vino Collapso のボトルを注文する機会はなかった。また送別会は悪名高いSalt Baeが所有するNusr-Et Steakhouseでは行われなかった。

アレクサンダー・アルボンは、ルイス・ハミルトンが多額の費用を負担したことを認めたが、グループがアブダビの有名なSalt Bae所有のNusr-Et Steakhouseで贅沢な費用でワインと食事をしたという噂を否定した。

アレクサンダー・アルボンは「なんてくだらないことだ」と最新のF1 Nationポッドキャストで吐露した。

「その請求書を見た。Salt Baeのものだったけど、僕たちはそこで食事をしてない。僕たちはHakkasanというお店で食事をした」

「僕たちは普通の人だ。皿にキャビアや金のスプーンを期待しているわけではない」

「セットメニューだった。もちろん、ルイスがビーガンだし、多くの食事の必要性を分かっている」

「ルイスがとても親切に代金を支払った。彼がそれを主催した。とてもな彼に感謝している。だから、請求がどれくらいかを知っているのは彼だ」

アレクサンダー・アルボンは、この特別な夜は、いたずら好きな笑い声が飛び交う温かい仲間意識と団結の雰囲気によって特徴づけられたと明かしたが、グループ内で、その夜の発言や行動が部屋から出ることは決してないという明確な理解もあったと語る。

「正直なところ、ディナーは本当に特別なものでした」とアレクサンダー・アルボンは語った。

「とても楽しかった。僕を含むすべてのドライバーが、ずっと笑顔でひたすら笑っていたので頬が痛くなったと思う。本当に楽しかった」

「誰が何をしたかを言って面倒なことを起こすつもりはない。それは夕食自体の厳格な方針だった。何が起こったのかは言えない。でも、とても良い話が語られていたよ」

F1 流出したレシート

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / セバスチャン・ベッテル

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください