【AR共和国杯/騎手データ】条件合致で驚異の連対率100% 東の名手に”鉄板”傾向 | SPREAD

0
6

6日は東京競馬場で伝統のハンデ重賞、アルゼンチン共和国杯(GII、芝2500m)が行われます。

東京芝2500mは年2回しか使われないコースで、5月の目黒記念と11月のアルゼンチン共和国杯専用の距離と言っていいでしょう。今回は2002年の中山開催を除く2000年以降の過去データを参考に気になる騎手データを見ていきます。

◆【アルゼンチン共和国杯2022予想】過去10年データ・傾向、追い切り、枠順、出走馬、動画まとめ

■軸は戸崎圭太騎手で決まり

今年のアルゼンチン共和国杯に騎乗する騎手の中で、2002年の中山開催を除く2000年以降のレースで騎乗経験があるのは13騎手。各騎手のデータは次の通りです。

アルゼンチン共和国杯2022騎手データ

[2000年以降]アルゼンチン共和国杯の騎手別成績(2002年の中山開催を除く)

各騎手の騎乗数に大きなバラつきが見られると同時に、特定の騎手だけが好走する傾向がはっきりと確認できます。

まず真っ先に取り上げたいのが着順と人気のバランスに優れ、連対率も57.1%と高い数値を記録の戸崎圭太騎手です。【1.3.1.2】の数字通り勝ち切れない競馬が多いものの、2013年のアスカクリチャン(7人気1着)、2019年のタイセイトレイル(5人気2着)、2020年のラストドラフト(6人気2着)など、過去7度の騎乗全てで騎乗馬を人気以上の着順に導いています。

昨年も9番人気のレクセランスで3着馬とハナ差の4着と、伏兵馬に跨った際の勝負強さは健在。素の成績も優秀ですが【戸崎圭太騎手】×【ハンデ56キロ以上】の組み合わせは【1.3.0.0】で驚きの連対率100%。前述のアスカクリチャン、タイセイトレイル、ラストドラフトらが該当するため、人気馬だけの結果でないことに注目できます。

同騎手は今年のアルゼンチン共和国杯でハンデ57キロのヒートオンビート(牡5、栗東・友道康夫厩舎)に騎乗予定。同馬は奇しくも熱いデータに該当し、前日時点で6.2倍の3番人気。過去のデータが今年も当てはまるようならこの人気でも堅軸と考えていいでしょう。

■M.デムーロ騎手も勝負強い

続いて戸崎圭太騎手以上の高い連対率を誇るM.デムーロ騎手について見ていきましょう。

同騎手も勝ち切れない傾向こそ見られますが、2017年のスワーヴリチャード(1番人気1着)、2021年のマイネルウィルトス(4人気2着)など4度の馬券絡みがあります。また【M.デムーロ騎手】×【当日4番人気以内】の組み合わせは【1.2.1.0】と、こちらも連対率100%のパターンが見つかります。

なお、M.デムーロ騎手は前日15番人気のマイネルファンロン(牡7、美浦・手塚貴久厩舎)に騎乗予定。このままの人気が当日も続く場合は厳しそうですが、当日の人気は要チェックです。

■C.ルメール騎手も人気次第か

最後に連対率33.3%のC.ルメール騎手について見ていきましょう。同騎手は2020年のオーソリティ(3人気)、2021年のオーソリティ(1人気)と連覇中です。

2009年のトーセンキャプテン(7人気17着)の成績が響き、人気と比べると着順の大きな落ち込みが見られるものの、3番人気以内では【2.0.1.1】と悪くはありません。

同騎手は前日5番人気のボスジラ(牡6、美浦・国枝栄厩舎)に跨ります。当日3番人気以内に推されるようなら押さえてみてください。

以上、アルゼンチン共和国杯の気になる騎手データでした。データ注目騎手は文句なしのデータが算出された戸崎圭太騎手です。人気以上の好走が今年も見られるのか注目です。

▼その他、データ予想
◆【データ攻略】テーオーロイヤルに勝率“7割超”の追い風 「大きなアドバンテージ」

◆【データ攻略】キラーアビリティに馬券内率“5.0%”の壁 「慎重なジャッジが必要」

◆【データ攻略】同条件「0.5.1.1」の想定“15人気” 「重賞で馬券外が続くも……」

◆【データ攻略】馬券内率“8割超”条件の伏兵 「舞台替わりに活路を見出す」

アルゼンチン共和国杯2022予想コラム一覧

▼追い切り診断
◆【追い切り診断】気配が上がらない実力馬に不満の「B」評価 「夏の疲れが尾を引いている」

◆【追い切り診断】キラーアビリティと並ぶ「A」評価の伏兵 「勝ち負けの走りがあっても驚けない」

◆【追い切り診断】人気一角の実績馬に「A」評価 「実戦想定の予行演習はほぼ完璧」

◆【追い切り診断】「S」評価は能力をフルに出せるデキ 「前走は次を見据えた仕上げだった」

▼穴馬予想
◆【穴馬アナライズvol.1】想定“8人気”前後の惑星 「一発の匂いがプンプンと漂う」

◆【穴馬アナライズvol.2】前日“10人気以上”の爆穴 「高配当を届ける下地は揃った」

◆【穴馬アナライズvol.3】単勝オッズ“2桁”確定の盲点 「この条件なら“再現”できる」

◆【危険な人気馬】馬券内率100%データでも“消し” 「妙味なく不安材料が多い」

▼その他、過去10年データ傾向
◆【枠順】テーオーロイヤルとキラーアビリティは馬券内率16.7%の3枠 穴馬激走の好枠に警戒

◆【血統傾向】GI大敗で想定オッズ“2桁”の伏兵、馬券内率「7割超」の条件で急浮上

◆【脚質傾向】逃げ・追込は勝率0% キラーアビリティは折り合い専念なら危険

◆【前走ローテ】オールカマー組が最多2勝も、過去13頭が馬券に絡む“買い”条件

◆【動画プレーバック/アルゼンチン共和国杯2021】人気に応えてオーソリティがトップハンデながら2馬身半差をつけて連覇を達成

著者プロフィール

伊藤大輔(いとうだいすけ)●「UMAJIN.net」編集部
秋田県生まれ。スポーツ関連書籍出版社、競馬専門紙の勤務を経て、現在はUMAJIN .netでライティング、競馬データ解析等を担当。『SPREAD』では主観的要素の強い「馬体解析」と客観的なデータの蓄積である「騎手データ」から、注目すべき馬と騎手を取り上げていく。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください