Travis Japan、10・28全世界メジャーデビュー決定 米・キャピトル・レコードと契約 | ORICON NEWS

0
25
 ジャニーズJr.の人気グループ・Travis Japanが、ユニバーサルミュージックグループ傘下の世界的大手レコードレーベルでもあるCapitol Records(キャピトル・レコード)と契約し、10月28日に全世界配信リリースをもってメジャーデビューすることが決定した。また、これを記念して同グループの単独YouTubeチャンネルも開設された。 ユニバーサルミュージックグループ本社(米・サンタモニカ)で日本時間29日の朝4時に行われた契約調印式には、Travis Japanが待つ中、Universal Music Group会長兼 CEO Lucian Grainge(ルシアン・グレンジ)、Capitol Music Group会長兼 CEO Michelle Jubelirer(ミシェル・ジュベリラー)が入室。


 ルシアンが「なんだか新しいミュージックビデオの撮影みたいだね!会えてうれしいよ。L.A.へようこそ!」と喜び、続いてミシェルが「みんなとスーツがおそろいだわ」とTravis Japanと英語であいさつを交わした後、契約書にサインを行った。契約書サイン後、ミシェルからは「おめでとう!」と改めて、お祝いの言葉が添えられ、Travis Japanの新たな門出となった。

 Travis Japanは、「世界展開を描けるグループに」と、2012年にマイケル・ジャクソンの振付師であるTravis Payne(トラヴィス・ペイン)氏の選定によってメンバーが構成され、グループ名もTravis Payne氏から“Travis Japan”に。変遷を経て2017年より宮近海斗(25)、中村海人(25)、七五三掛龍也(27)、川島如恵留(27)、吉澤閑也(27)、松田元太(23)、松倉海斗(24)の7人で活動している。

 オリジナル楽曲でのパフォーマンスやアリーナ規模の単独公演を行うなど、ジャニーズJr.内でもその高いダンススキルとキャラクターで人気を博しメジャーデビューが待ち望まれる中、今年3月より米・ロサンゼルスに留学。共同生活を行いながら語学とパフォーマンススキルを磨くべくレッスンを受けていた。

 渡米直後、世界最大のアーバン・ダンス・コンペティションである『WORLD OF DANCE』に参加し、地区予選を3位で通過すると、全米大会のチーム部門で4位の成績を収め、7月の世界大会ではチーム部門で9位に入賞し高いダンススキルを証明する中、7月にはアメリカの人気オーディション番組『America’s Got Talent』に出演。彼らの持ち歌でもある「夢のハリウッド」英語バージョンを披露し、完璧なフォーメーションとシンクロダンス、そして華麗なアクロバットやアカペラも交えたパフォーマンスで観客を魅了。審査員だけでなく会場の観客のスタンディングオベーションを浴び、セミファイナル進出を果たした。

 短期間の間に着実にアメリカでの実績を積み上げ、『WORLD OF DANCE』から『America’s Got Talent』に行きついた経緯や、そしてそのパフォーマンス力がCapitol Recordsの担当者の目に留まり、この度Capitol Recordsより全世界メジャーデビューが決定したとのことだ。

■ジャニーズアイランド 代表取締役社長 滝沢秀明コメント

Travis Japanはジャニーズ事務所の中で新たなデビューの形を作ってくれました。
世界へのチャレンジは決して簡単なことではありません。しかし、Travis Japanなら必ず自分達なりの時代を作ってくれると思います。
今後も常に挑戦者の気持ちを持って世界へ羽ばたいてほしい気持ちでいっぱいです。

■Travis Japanコメント

▼宮近 海斗(Chaka)
Travis Japan念願の目標であるメジャーデビューが叶います!
ファンの方はもちろん僕らを支えてくれている方々、改めてこの機会に感謝し、
自信を胸にまた新たなステージを見つける旅、夢を叶える旅、世界に出発します!

▼中村海人(Umi)
僕たちがずっと目指してきたデビューという一つの目標と夢が叶い、ここからがまた新たなスタートになりますので、次の夢に向かってみんなで挑戦し続けたいと思います。

▼七五三掛龍也(Shime)
7人でデビューが叶い、ついに始まります!Travis JapanのShowtime!!

▼川島如恵留(Noel)
一度きりの人生で、こうして全員で夢と幸せを共有し続けられる日が来た事を、心からうれしく思います! 

▼吉澤閑也(Shizu)
Travis Japanという名を世界に轟かせて、幸せを届けていきます!

▼松倉海斗(Machu)
唯一無二の挑戦者となりTravis Japanの時代を全世界で切り拓いていけたらと思います。

▼松田元太(Genta)
Travis Japanやってやります!ジャニーさんの夢、僕たちが叶えます。

■Travis Payneコメント
Travis Japanと彼らの新たな音楽にワクワクしています!
ここまで長かったけど、ついに実現しましたね!
世界がTravis Japanを目撃するのをすごく楽しみにしています!

■Universal Music Group会長兼 CEO Lucian Grainge(ルシアン・グレンジ) 

近年、私たちはジュリー社長及びジャニーズ事務所と共に日本において大きな成功を収めてきました。
この度、その協力関係を拡大しTravis Japanをキャピトルミュージックグループそしてユニバーサル ミュージックグループファミリーに迎えられることを心からうれしく思っています。

■Capitol Music Group会長兼 CEO Michelle Jubelirer(ミシェル・ジュベリラー) 

Travis JapanがCapitol Music Groupの一員となること、ジャニーズ事務所とともに彼らの描くグローバルなビジョンの実現に取り組めることを大変うれしく思います。
アメリカの観客は、America’s Got Talent、World of Dance Championship 2022への出演で彼らの魅力に惹きつけられました。この勢いを絶やすことなく成功に向けて取り組みを進めたいと思います。

■ユニバーサル ミュージック合同会社 社長兼最高経営責任者(CEO)藤倉尚

日本を代表するアーティストマネジメント企業・ジャニーズ事務所の次世代を担う新たなグループをユニバーサル ミュージックグループ、そしてキャピトル ミュージックグループに迎えられることをとても喜ばしく思います。
Travis Japanがこれからグローバルに築いていく新たなキャリアを私たちが全面的にサポートできることは大きな喜びであり、今後、彼らの成功を世界中のファンの皆さんと共に祝うことを楽しみにしています。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください