京アニ制作『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』放送10分で号泣の声続々「泣けた」「心が浄化された」 トレンド1位の大反響 | ORICON NEWS

0
4
 京都アニメーション制作のアニメ映画『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が25日、日本テレビの「金曜ロードショー」で初放送された。「必ず泣けるアニメ」として知られており、早くもネット上では「もう泣けた…」「ズルいよ、こんなの」「心が浄化された」など感動の声であふれ、ツイッターでは「#ヴァイオレット・エヴァーガーデン」がトレンド1位にランクインした。

『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の場面カット (C)暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

写真ページを見る

【写真】その他の写真を見る

 同作は、暁佳奈氏によるライトノベルが原作で、『第5回京都アニメーション大賞』小説部門で大賞を受賞し、2018年1月〜4月に京都アニメーション制作でテレビアニメが放送。かつて「武器」と呼ばれた少女ヴァイオレット・エヴァーガーデンが、大戦終結後、相手の想いをすくい上げ、手紙を書く代筆業「自動手記人形」という仕事を通して描かれる、感情を持たない彼女が“愛”を知るまでの物語。


 「必ず泣ける」と高い評価を得ている作品で、2020年に公開された『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、興行収入21.3億円のヒットを記録、日本アカデミー賞優秀賞も受賞した。

 今回放送される『劇場版』は、そんなヴァイオレットのその後が描かれる。代筆業の経験を重ねながら、いつかギルベルト少佐に会えると信じて待ち続けるヴァイオレット。ある日一通の宛先不明の手紙から、物語が大きく動き出す。

 そんな『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の中で、テレビアニメ第10話は「必ず泣ける」神回と呼ばれている。

 第10話は、マグノリア家のクラーラが、招いたヴァイオレットと二人きりで一人娘のアンに内緒の手紙を書き始める物語。母に残された時間がないことを知っているアンは、誰に宛てたものかもわからない手紙を書くより、少しでも自分と一緒にいてほしいと願い「せめて手紙を書いている側でお母さんの手を握らせてほしい」とヴァイオレットに頼むが、それすらも許されず泣きじゃくる…。そして最後、想像を超えた親子愛が描かれている。

 劇場版の本編冒頭10分は、アンのその後を知ることができ、現在、公式YouTubeでも見ることができる。そして今回、金曜ロードショウーを見た視聴者はネット上で「開始10分で泣くやつ」「バスタオル、さっそく1枚濡らしました」「アン・マグノリアの手紙の話何回みても泣く 優しい声でアンって呼ぶのずるいよね」「初っ端から泣くわ」「まだ、主人公出ていないのに泣ける作品がヴァイオレット・エヴァーガーデンなのです」など感動した声をあげている。

YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください