大阪府警本部

 同僚に拳銃の銃口を向けるなどしたとして、大阪府警は19日、平野署地域課に勤務する男性巡査部長(57)を銃刀法違反(加重所持)などの疑いで書類送検し、停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。巡査部長は同日付で依願退職したという。

 監察室によると、巡査部長は昨年2月、平野署の警ら連絡所内で、30代の男性巡査長の背中に拳銃の銃口を向け、今年3月には交番内で、30代の男性巡査部長に対して拳銃を取り出して脅迫したり、頭突きをしたりした疑いがある。

 書類送検された巡査部長は銃口を向ける際、スマホで動画を撮影していたといい、「部下に対するストレスを発散するためにやった」と話しているという。

 津川浩徳・監察室長は「言語道断で、警察の信用を著しく失墜させる事案。再発防止に努める」とのコメントを出した。(光墨祥吾)

共有